アルタバイクは、ノルウェー国立美術館にも収蔵されているシングルスピード

抜群にスタイリッシュなシングルスピード

なんだかスゴイ事になっております、こちらの自転車。何がスゴイかって、見てもらえればもう一目瞭然、すぐに分かるハズ。抜群にスタイリッシュなシングルスピードが、はるかノルウェーからお目見得。他を寄せつけない、圧倒的なデザイン性の高さにビックリ。ナニ?いったい何者?って事で詳しく調べると、すンごいプロフィールがザクザク。思わずう〜んと唸る、キャリアの持ち主っだったのです。

こちらのALTA BIKE(アルタバイク)、ノルウェーはオスロから、はるばる海を越えて日本へご到来。いちばんの特徴である高いデザイン性は、家具/プロダクトデザインチームのNorwaysays(ノルウェイセイズ)、グラフィックデザインチームのBleed(ブリード)、それにFrostprodukt(フロストプロダクト)の3チーム共同開発によって成し得たもの。数々の賞を受賞してきたこの3チームが、「北欧の長い冬の間、リビングに飾っておけるような自転車があったらよくない?」なんて発想から生まれたアルタバイク。なんでもノルウェー国立美術館に収蔵されているとか。確かに乗るのもためらうほどのカッコよさ、アートの域まで達してます。

デザインと軽快な走行性を備えた、アルタバイク

こちらのアルタバイク、プロダクトデザイナーが作った自転車だけに、「カッコいいのは解ったけど、肝心の走行性ってどーなの?」って声が、スタッフの間でもチラホラ。それじゃあということで、試乗を兼ねた撮影を敢行。

期待と不安が交錯する中、グッとペダルを踏み出した瞬間、不安は一気に氷解。スーッと滑るように進み出す走行性に、試乗した一同オドロキを隠せない様子。シングルスピードらしい車重の軽さと、駆動系の相性がバッチリ噛み合った、とにかく素晴らしい踏み味です。

漕ぎ出しからトップスピードに乗るまでの早さにもビックリ。そもそも生みの親がプロダクトデザイナー。機能がおざなりになるワケがない、と一同感心することしきり。結果、予定を大幅にオーバーした撮影となりました。

  • ALTA BIKE(アルタバイク)の小画像1
  • ALTA BIKE(アルタバイク)の小画像2
ALTA BIKE(アルタバイク)の大画像1
シングルスピードらしい、踏み込みの軽さにも注目です。

デザイナーの手による意匠に注目

デザイナーの手によって作られたALTA BIKE(アルタバイク)だけに、随所に意匠が詰め込まれているのも、じっくりと注目して頂きたい。

ハンドルには、オリジナルのブルホーンハンドルを採用。ハンドルそのものも充分カッコいいけど、実は自転車の走行時にこそ、注目すべきポイントが。

こちらのブルホーン、ストレートなハンドルに比べ、走行時には自然と前傾姿勢になるから、乗車姿勢がよりスタイリッシュに。自転車のフォルムはもちろん、乗り手の姿勢までデザインされた、そのデザイン魂にニンマリ。3チームの豪華な顔ぶれから繰り出される、会心の仕掛けです。

デザイナーとしてのコダワリがギュギュッと詰め込まれた、こちらのアルタバイク。シングルスピードの自転車らしい、シンプル&ビューティーなフレームに刻まれたロゴマークにも、そのコダワリは色濃く反映。語るともなく伝わってくるその意思は、まさにNorway says。よくよくオシャレな自転車です。

ALTA BIKE(アルタバイク)の大画像2
デザインへの深い造詣が、ひとつひとつのディテールから伝わってきます。
  • ALTA BIKE(アルタバイク)の小画像3
  • ALTA BIKE(アルタバイク)の小画像4
  • ALTA BIKE(アルタバイク)の小画像5

カラーバリエーション紹介

洗練されたデザインとマッチしたイエロー
ビビッドなイエローが、洗練されたデザインとマッチした、アルタバイクのイエローカラー。たださえ目立つこちらの自転車ですが、より注目を集めること請け合い。
シングルスピード特有のシンプルな構造に、キャンディーカラーのイエローがハマリ役。モノトーンにまとめられた各パーツが、イエローの鮮烈さを引き立てています。スポークも最小の数に抑えるなど、随所にコダワリを発揮。
デザインとカラーバランスが見事な、こちらのアルタバイクのイエロー。ゴリゴリのロードレーサー乗りも振り返る、圧倒的なデザインが魅力。自転車通も唸る、珠玉の1台です。
イエロー

ALTA BIKE(アルタバイク)のイエローカラー画像

カッコよさを求めるなら、ブラックがおすすめ
定番のブラックを採用しながらも、それだけで終わらせない力を感じる、ブラックのアルタバイク。純粋にカッコよさを求めるなら、こちらのカラーリングがおすすめ。
モノトーンでしなやかにまとめられたカラーに加え、ブラック、シルバー、ブラックと、ミルフィーユ状に色を重ねたタイヤ周りに注目。シルバーを黒で挟み込み、抑えた色合いの中にもアクセントを作り出す、デザイン意識の高さが伺えます。
シングルスピードらしいストイックなまでのシンプルさに、モノトーンのテイストがほど良く溶け合った、アルタバイクのブラックカラー。自転車好きならずとも、所有欲を掻き立てる秀作です。
ブラック

ALTA BIKE(アルタバイク)のブラックカラー画像

スッキリとしたシャープなホワイト
スッキリとしたシャープなホワイトが、シングルスピードらしいシンプルさと好相性。アルタバイクのホワイトカラーは、ノルウェー国立美術館のパーマネントコレクションの名に恥じない、アーティスティックな仕上がり。
モノトーンでまとめつつも、ロゴに配されたグレーカラーや、シルバー×ブラックのリムが、控えめながらも気持ちのいいアクセントに。自転車のモダンなテイストと、アルタバイクのやや近未来的なロゴの相性も特筆もの。完成されたシングルスピードの佇まいを感じます。
ホワイト

ALTA BIKE(アルタバイク)のホワイトカラー画像

グリーンカラーのアルタバイクは、モダンな色使いが印象的
グリーンカラーのアルタバイクは、北欧デザインらしい、モダンな色使いが印象的。他のメーカーじゃちょっと見られない、デザイナーらしいカラーはアルタバイクならでは。
シンプルなシングルスピードだけに、他の車種では考えづらいカラーリングもお手のもの。マウンテンバイクやBMXじゃとても受け止められない、難しいカラーを着こなせるのもアルタバイクの魅力のひとつ。
間違いない定番のカラーもアリですが、色で遊ぶのが上級者のたしなみ。自転車としてはもちろん、プロダクトという観点で選ぶなら、俄然グリーンカラーがおすすめです。
グリーン

ALTA BIKE(アルタバイク)のグリーンカラー画像

フェミニンなピンクは、女性に人気の1台
フェミニンなピンクが眩しいアルタバイクは、女性に人気の1台。自転車というと、とかく女性に距離を置かれがちですが、その距離を縮めてくれそうな期待感を抱かせます。
アルタバイクは、シングルスピードらしいシンプルな構造だから、カスタムはもちろん、整備だってかんたん。個人差はあるものの、慣れさえすれば、機械が苦手な方でも大丈夫。デザインだけじゃない、機能面でも優れているのが、アルタバイクの大きな特徴なのです。
適正身長は165cm〜と、大きさの面で多少の障害はあるものの、初心者でもかんたんに乗りこなせるのがアルタバイク。レーシングウェアもいいけれど、街着でスポーティな自転車を乗りこなしたい、なんて女性にもおすすめ。
ピンク

ALTA BIKE(アルタバイク)のピンクカラー画像

ALTA BIKE

アルタバイク
100,000円(税抜き)
購入数:
カラー:

商品情報

メーカー ALTA BIKE
カラー イエロー、ブラック、ホワイト、グリーン、ピンク
フレーム RR-3ウルトラライトR-6カスタムアルミ
ホイール 700×25
ギアーレシオ 46/16
サイズ M(54cm)
バルブ フレンチバルブ(英式バルブ不可)
車重(約) 9.4kg
適正身長 身長165cm〜
通販前の注意事項
こちらの自転車は完全に組み立てた状態で発送させて頂きます。
防犯登録につきましてはお住まいの地域毎に管轄が異なりますので、お手数ではございますが、お客様ご自身でご登録を願い致します。
通販商品は通常1週間〜10日でのお届けとなります。
沖縄・離島への配送は基本的には出来かねますが、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。
不良商品への対応以外での返品交換はできかねます。
タイヤの空気を入れる口がフレンチバルブとなっております。一般の自転車(ママチャリ等)は英式バルブなので、英式バルブのみ対応の空気入れしかお持ちで無い場合は、別途ご購入が必要となります。
配送料 代引き 返品 同梱
無料  可  不可 不可