幅広さと豊富な種類を誇るスポーツ車の代表格

自転車ジャンル最速!ロードバイク

言うまでもなく、自転車ジャンル最速なのがロードバイク。今なお軽さや変速性能などに多くのテクノロジーが注ぎ込まれており、しばしばF1にも喩えられる自転車界のスピードスター。速さその一点のみにこだわったストイックさに惹かれるユーザーは多く、スポーツ車の代表と言っても間違いなさそう。

さらにそのフレームは、昔ながらの素材から最新の素材まで盛りだくさん。比較的安価で初心者におすすめのアルミフレームやクラシカルなクロモリフレーム、さらには現代のロードバイクの象徴とも言えるカーボンフレームまでが取り揃い、幅広さと数はまさしく百花繚乱。その価格や特性に違いはあっても、共通する魅力はどれも同じ。ペダルを踏み込んだぶんだけより速く、遠くまで。自分の力だけでこんな場所まで来れるなんて、ロードに跨がる前までは想像もできなかった。

ロードバイクカタログ

Fuji(フジ)Ballad R(バラッドR)
バラッドR
ヴィンテージ車さながらの普遍性を備えた、クラシカルなクロモリロード。洗練されたデザインが人気の1台です。
95,000円
calamita(カラミータ)Due(デュエ)
デュエ
フロントフォークにカーボンフォークを使った、新感覚のクロモリロード。個性的な色使いにも注目です。
100,000円
Surly(サーリー)Cross-Check(クロスチェック)
クロスチェック
多目的に使える、シクロクロスの金字塔といえばコレ。ギア付きに飽きたらシングルスピード化することも!
165,000円
Fuji(フジ)Phantom(ファントム)
ファントム
フィレット仕上げが美しい、フジの最高峰ロードバイク。メインコンポは105と、走りにもこだわっています!
245,000円
Bruno(ブルーノ)700C Touring Drop(700Cツーリングドロップ)
700Cツーリングドロップ
乗り心地にこだわった、オールラウンドな1台です。ダボ穴も完備しているので、旅仕様にもおすすめ!
68,000円
cooper bikes(クーパーバイク)reims(ランス)
ランス
50~60年代のクラシックロードバイクをモチーフにしたロードバイク。内装5段変速ハブが使われています。
179,048円
Masi(マジィ)Speciale Strada(スペチアーレストラーダ)
スペチアーレストラーダ
Masi(マジィ)の黄金期を支えた名車が再リリース!レトロでラグジュアリーなデザインのロードバイクです。
125,000円
Charge Bikes(チャージバイク)Plug 3(プラグ3)
プラグ3
街中からダートまで幅広く遊べるシクロ系ロードバイク。ディスクブレーキなので、突然の天候不良もなんのその!
110,000円
Linus bikes(ライナスバイク)Libertine(リバティーン)
リバティーン
フルフェンダーを前後に配したスポルティーフ。ヴィンテージ車さながらの、グッドルッキンな1台です。
75,000円
Argent(アルジェント)
アルジェント
ラグで組み上げた、クラシック&ラグジュアリーなロードバイク。流行に左右されない、長く乗れる1台です。
145,000円
Bruno(ブルーノ)700C Tour(700Cツアー)
700Cツアー
安定感のある走りと、スタイリッシュなデザインが魅力の1台。泥除けやキャリアのカスタムもおすすめです!
90,000円
Bianchi(ビアンキ)Brava(ブラーヴァ)
ブラーヴァ
レーシーにもカジュアルにも乗りこなせるクロモリロード。カーボンフォーク仕様なので走行性も抜群ですよ。
100,000円
Masi(マジィ)Strada(ストラーダ)
ストラーダ
スチールフレームながら、STI仕様のロードバイク。レーシーにもカジュアルに乗れる、汎用性に優れた1台ですよ。
120,000円